2017年のトルコリラの見通し【相場予測】

2017年のトルコリラ:押し目で「売り」?

2017年が始まり19日たちましたが、「酉年」なだけに年初から騒がしい相場が続いています。

特にトルコは元日からテロがあったり、大変そうです。

トルコリラ相場もかなり動いています。

ここ数日は30円を維持できるかどうかという状況が続いています。

さて、2017年の相場見通しですが、相変わらずトルコリラは情報が少なすぎます。

機関投資家が出している情報で簡単に見れるのは、みんな大好き「野村證券」くらいでしょうか。

野村マーケットアウトルック

https://www.nomura.co.jp/market/report/outlook/ex_try.html

野村證券はここ1年のトルコリラ円相場を31~34円としています。

う~ん、新興国系の商品を買わせるためにいつも強気の野村でもこのあたりですか。

しかも野村は円安が進むことを想定してこの価格としています。

懸念材料は、

1.シリア紛争とクルド系、イスラム過激派によるテロという地政学的リスク

2.エルドアンの政治圧力による中銀の独立性の問題

3.米利上げ

4.インフレ率

って感じでしょうか。

買い材料は、まあ多少金利が高いことくらいでしょうか。

私は相変わらず売り目線ですが、今年は売り側も難しそうですね。

2016年大暴落したので、押し目で買って、短期で逃げるのもありかもしれません。

逆に、押し目で売って、短期で逃げるのもありかもしれません。

いずれにせよ、高金利であるからといって、スワップ目的で、思考停止でナンピン買いは危険だと思います。

トルコは昨年末から国民全員にトルコリラを買うように通知しています。

こんな国、普通じゃないです。

通貨価値と最も関連のある指標「インフレ率」も全然収まっていません。

トルコリラを買う人は、このリスクを知ったうえで買うことをお勧めします。

いずれにせよ、儲かる一年にしたいですね~

 

 

トルコリラ2

関連記事

南アフリカランドとトルコリラ

南アランドとトルコリラの比較 高金利で新興国通貨として人気のある南アランド(南アフリカランド、ZA

記事を読む

オプション取引入門1:先物取引、オプション取引とは?

オプション取引とは? さて、私がブログでたまに書いているコールだとかプットだとかよくわからない、と

記事を読む

禁断の手法「アービトラージ」

アービトラージとは? 最近めっきり涼しくなりました。 今日みたいな天候が1年で一番好きです。

記事を読む

オプション取引入門2:プットとコール

オプション取引の基本:「プット」と「コール」 オプション取引の基本的な戦略は4つあります。

記事を読む

米利上げと新興国通貨

米利上げと新興国通貨への影響 2015年12月16日、FRBが政策金利を0.25%から0.5%に引

記事を読む

トルコリラ2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

トルコリラ2

フィッチ、S&Pによる格下げにも関わらずトルコリラ上昇

フィッチ、S&Pともトルコを格下げ 今週末、3大格付け会社の

トルコ政策金利:予想外の据え置きでトルコリラ暴落

トルコ政策金利:引き上げ予想を裏切り、8%据え置き 昨日、2017年

【トランプ大統領爆誕】トルコリラと米ドルの関係【2017年】

新興国通貨=米ドルの影響力が大きい 1月20日、トランプ大統領が誕生

2017年のトルコリラの見通し【相場予測】

2017年のトルコリラ:押し目で「売り」? 2017年が始まり19日

明日の政策金利予測、0.25%利上げ

クリスマス相場で動かず 急に相場は動かなくなりましたね~ ヘッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑