イスタンブールのテロとGDP

公開日: : トルコ情勢 , , , ,

イスタンブールで爆発テロ

週末、イスタンブールで爆発テロがあり、今のところ44人死亡、数百人が負傷となっています。

トルコ、ほんとテロ多いですね。

トルコでテロが起こっている大きな要因は2つに分けられます。

1.PKK(クルド労働党)

今回のテロもPKKが犯行声明を出していますが、PKKは現政権を目の敵にしています。

トルコはクルド系民族という少数民族がおり、大半を占めるイスラム系民族とは文化、宗教が違います。

世界史の教科書などでも習いますが、以前より独立運動がある地域です。

2.IS(イスラム過激派)

もう一つは皆さんご存知、IS、イスラムの過激派による攻撃です。

ISは世界中を敵に回しつつありますが、トルコは実は原油利権の関係だったり、外交のカードとして裏でつながっている部分が無きにしも非ずです。

そういえば、クリントン財団もISに実は資金提供してるとか・・・

いずれにせよ、今のトルコは治安は最悪で、観光による収入が見込みづらい状況です。

 

GDP、2009年以来初のマイナス成長

今朝はテロがあったので、下窓で始まるかな、と思っていたら、ほぼ窓無しのスタート。

テロでも規模が小さければ市場は織り込んでるってことですかね。

でも全然トルコリラ上がらないな~と思っていたら、もう一つ重大なニュースがありました。

7-9月のGDPが初めて前年比でマイナスとなりました。

しかも、市場の予想を下回り、-1.8%

ちなみに2009年はリーマンショックがあった年、かつ、新トルコリラ移行があった年なので、新トルコリラ始まって以来のマイナス、という感じです。

やはりインフレ+マイナス成長はつらいですね~

今日も円安が進んでいるのに、トルコリラは上がらないです。

今、トルコは国を挙げてリラを買う運動を行っています。

つまり、トルコにある資産が全体的に減っていると・・・

さあ、トルコいよいよ正念場じゃないかな。

いくら最安値で、金利が高いからといって、やはりトルコリラ買いはおすすめできない相場ですよ!

トルコリラ2

関連記事

トルコ、米軍とともにモスル攻撃へ

今日の雑談 やはり、ブログの毎日更新って大変なんですね~ 仕事の後、飲み会とかあったら書けず

記事を読む

世俗主義vsイスラム主義

今日の雑談 何人かからまじめすぎるといわれましたので、ちょっとした雑談コーナーでも。 今日は

記事を読む

【トルコの外交戦略】EUか中露(上海協力機構)か

ドル円も111円を突破し、日経平均も18000を超えてきました。 これで大統領選のトランプ優勢

記事を読む

トルコリラ2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

トルコリラ2

フィッチ、S&Pによる格下げにも関わらずトルコリラ上昇

フィッチ、S&Pともトルコを格下げ 今週末、3大格付け会社の

トルコ政策金利:予想外の据え置きでトルコリラ暴落

トルコ政策金利:引き上げ予想を裏切り、8%据え置き 昨日、2017年

【トランプ大統領爆誕】トルコリラと米ドルの関係【2017年】

新興国通貨=米ドルの影響力が大きい 1月20日、トランプ大統領が誕生

2017年のトルコリラの見通し【相場予測】

2017年のトルコリラ:押し目で「売り」? 2017年が始まり19日

明日の政策金利予測、0.25%利上げ

クリスマス相場で動かず 急に相場は動かなくなりましたね~ ヘッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑